スマホの急速充電器を買って生活が変わった話[RAVPOWER]

電子機器

充電って面倒くさい

あなたはスマホを所持していますか?

この記事を読みに来てくださった方々は、ほぼ100%、YESと答えるでしょう。

それもそうですよね、この記事、どうやって読みに来たんだって話です。
(スマホ不所持で、パソコンからこの記事に来てくださった方は、きっと変わり者でしょう(笑))

そしてスマホ所持者全員が思う、スマホに対するストレス第1位は、

充電しなければ使えない!!

これに尽きると思います。

近年では、外出先にスマホとセットでモバイルバッテリーを持ち歩く人も増えていますが、
正直な話、モバイルバッテリーって重たいし場所を取るし、、、

モバイルバッテリーが必要になる原因は以下2つだと思います。

  1. 100%あった充電を使い切ってしまい、充電が必要
  2. 家で充電することを忘れ、出先で充電が必要

1のひとはうん、、モバイルバッテリーを持つしか解決方法はなさそうですね。。

今回は2に該当する人に向けて、より良い解決法を紹介していこうと思います。

急速充電器を使いましょう

2つ目の質問。

あなたはいつ、家でスマホを充電しますか?

『こんなの、人によって回答はバラバラでしょ。』

と思いましたか?実際そうだと思います。

YOUTUBEやNetflixをベットの上で見ながら充電するひともいるでしょうし、
ソーシャルゲームやインスタグラムをしながら充電するひともいるでしょう。

しかし、おそらく1つだけ共通するタイミングがあると思います。

それは、『寝る前』です。

夜就寝前、スマホを充電器に刺して寝る人は多いんじゃないんでしょうか。

そしてこの、寝る前の充電を忘れたがために、朝起きてスマホを見ると、

「やっばい、充電忘れた!!」

となり、少ない充電のスマホと、重たいモバイルバッテリーを持っていくはめになるのではないでしょうか。

この負の循環を断ち切るためのアイテムがそう、『急速充電器』です。

「急速充電器ってなに?」

という方に向けて簡単に説明すると、普通の充電器より充電速度が速い充電器のことです。

普通の充電器とは

見覚えありますよね?(笑)

この普通の充電器では、朝起きてから家を出るまでに、充電を100%にすることなどできません。

しかし急速充電器があれば、起床してから外出するまでの僅かな時間に、スマホの充電を終わらせることができます。

そして充電を終えたスマホを持って家を出られるので、モバイルバッテリーを持ち歩く必要もなくなります

つまり、一日のスマホの充電サイクルが以下のようになります。

朝起きる

スマホをチェック

スマホを急速充電器につなげる

一日を過ごす

帰宅

ダラダラスマホを使ったのち、就寝

朝起きたら、一度はスマホを見ると思います。

特にスマホでアラームをセットする人は、必ず見ますよね。

そのタイミングで急速充電器にさしておくだけで、一日分の電池がすばやく充電できてしまいます。

この習慣、ルーチンが出来てしまえば、スマホの充電に対するストレスもフリーになります。

どうですか?急速充電器、欲しくなってきましたか?

以下本記事では、はじめての急速充電器を購入しようというあなたに向けて、おすすめ商品も紹介していこうと思います。

おすすめ急速充電器2選!

ここからは、おすすめの急速充電器を紹介していこうと思います。

と言っても、数ある急速充電器の中から、はじめて急速充電器を購入する人に向けて力強く紹介できる商品は、わずか2種類となります。

何故かというと、急速充電器ビギナーの方は、まずはコストが低い、かつコスパが良い急速充電器を使って、普通の充電器との違いを体感して頂くことが良いと思うからです。

この要件にあう2種類の急速充電器を、以下紹介していきたいと思います。

1. Anker PowerPort2 Elite

まずはスマートフォン周辺機器のベンチマークこと、Ankerからのおすすめ商品です。

Ankerはスマホ周辺機器メーカーの中で、高品質かつ低コストなブランドとして名が知られており、
国内、国外問わず最も信頼性が高いメーカーです。

消しゴム買うならとりあえずMONO消し、みたいな。(笑)

値段も1400円ほど(2020/02/15現在)で、決して高くはない値段で購入できます。

肝心の規格は以下のようになります。

ポート数(同時に充電できる端末数) 2
重量 約95g
各ポート出力 5V/2.4A
入力 AC100V ~ 240V

規格についての解説は、もう一つの商品も紹介した後、一緒に行います。

興味ある方は読み飛ばしてもらってかまいません。

2. RAVPower Prime 24W 2-Por

続いては今勢いのある中華系資本メーカー、RAVPowerからのおすすめ商品です。

今中華系と聞いて、なんか信用できないな~なんて、思いましたか?

実はスマホ周辺機器って、中国産が非常に多いんですよ!

値段は1100円ほど(2020/02/15現在)で、上のAnkerのものに比べて300円ほど安く手に入れられます。

そして気になるスペックは以下のとおりです

ポート数(同時に充電できる端末数) 2
重量 約83g
出力 5V/2.4A
入力 AC100V ~ 240V

 重量以外は、一切Anker製と変わらないですよね。

つまり、急速充電器初購入を検討されている方に勧めたい規格は、

  • ポート数:2
  • 出力:5V/2.4A
  • 入力:AC100V ~ 240V

ということになりますね。

また、AnkerとRAVPower、どちらを買った方が良いかと問われると、

  • はじめての購入なのでブランドと安心感を買いたい方はAnker
  • 少しでも出費を抑えたい方はRAVPower

となります。

RAVPower製の信用は大丈夫なのか?と心配になる方へ、

安心してください、筆者も使用していますよ。↓

私筆者ことQreilaは、基本的に所持しているものしか勧めませんのでご安心ください(笑)

最後に規格について、分かりやすくお話ししますね。

おすすめの規格(スペック)について

再掲載となりますが、はじめての急速充電器のおすすめ規格は以下のようになります。

ポート数(同時に充電できる端末数) 2
出力 5V/2.4A
入力 AC100V ~ 240V

ポート数とは、1つの急速充電器に対して、刺すことのできるUSBケーブルの数のことです。

つまり、普通の充電コードを使う場合、一度に2台まで充電できることになりますね。

なぜポート数が2つのものをお勧めするかというと、この記事を読んで下さっている皆さんは、

「きっと電子端末を3台以上は所持していないんじゃないかな~」

という、私の勝手な想像によるものです。(笑)

また、ポート数は多いほど値段も上がってしまうので、急速充電器デビューには2ポートが丁度良いと思います。

 

次に出力についてですが、これが急速充電器にとって最も重要な数値となります。

この数値が大きいほど、より充電速度が速く、充電時間が短くなることになります。

一般的な充電器(iphoneなど)の出力は5V/1Aです。

つまり、5V/2.4Aの出力は、一般的な充電器よりも、およそ2.4倍速で充電できることになります。

めっちゃ速くないですか?

そしてポート数同様に、出力値が大きいほど、急速充電器の値段も上がってしまいます。

まずはお手頃な価格帯のものを使って、急速充電器のすごさを実感してみて欲しいです。

 

最後に入力についてですが、これはとりあえずAC100V~240Vにしとけ、ってレベルです。

難しい説明は省きますが、この入力値だと海外でも使える、と思っておけば大丈夫です。

最近の電化製品だとこのAC100V~240Vが主流ですので、あまり気にしなくていいですね。

 終わりに

ここまで本記事を読んでくださって、ありがとうございます。

急速充電器について、いかがでしたでしょうか。

私ことQreilaも、数々の家電や電子機器に触れてきましたが、急速充電器は本当に買ってよかったといえるものの一つでして、今の生活には欠かせないものとなっています。

この記事を読んで下さったあなたも、是非手に取ってみて欲しいです。

一日の生活がほんのちょっと、豊かになりますよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました